東日本大震災で

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ドイツ・ヴュルツブルクでも、
日本のためのチャリティーが盛んに催されています。

祖国の一刻も早い復興を願っています。
[PR]

# by daiszke | 2011-03-20 01:02  

スタインウェイコンクール ミュンヘン

前回の続き、スタインウェイコンクール・ミュンヘンのファイナル。
3月2日、スタインウェイハウス・ミュンヘンで開催。

会場への移動中、悪天候により近郊電車S-bahnなどの交通機関がマヒして、
行き方を変更して路面電車とタクシーを使い、
大幅に遅れて到着するハプニングはあったものの、
なんとか会場入りした。

f0057419_1911958.jpg


演奏はスタインウェイの3Fサロンで行われた。
楽器はC型。
ちなみに1Fがショールーム。

f0057419_18555495.jpg


プログラムは55分。


ベートーヴェン:ソナタ Op.28《田園》
ショパン:スケルツォ Op.31
ドホナーニ:狂詩曲 Op.11-3
バルトーク:戸外にて


スタイルは演奏会だけど、
審査されるという意識が頭の片隅にあるので、
普段と違う緊張感、プレッシャーもかかる。
それでも自分をコントロールし、見せることは出来た。

f0057419_19455499.jpg


優勝こそ逃したけど、第2位をもらった。

帰りには、賞金の一部で美味しいミュンヘンビールを頂きました♪
[PR]

# by daiszke | 2011-03-12 11:02 | 演奏会!  

スタインウェイ賞コンクール

という、学校でのコンクールがある。
毎年開催されていて、カテゴリーはクラシックピアノのみ。

これは、3月にミュンヘンで開かれる、
スタインウェイ主催の本選会への選考会を兼ねている。

今年の参加者は19人で、例年に比べると多かったらしい。
前回、前々回は1日で終わっていたコンクールが、
今年は2日に分けられていたからね。

参加者は60分プログラムを提出し、本番での演奏時間は30分。
朝11時から夜8時まで聴くのだから、審査員の教授たちも大変だったことだろう。

舞台経験をひとつでも多く…、と思って自分も受けてみたら、
推薦枠の2名に選ばれてしまった!
学校からミュンヘンに派遣されることになった。

さてさてミュンヘンではどんな経験を積めるか、
今から楽しみだ。

f0057419_218645.jpg

(ハンブルク・スタインウェイ本社ショールームにて:コンクールとは関係ありません)
[PR]

# by daiszke | 2011-02-21 16:51 | 音楽  

ブラームス、Op.83

昨年はブラームスの協奏曲第1番がテーマの中心だった。
今年は第2番!

ピアノ音楽の歴史の中で、最高峰に位置すると言ってもいい協奏曲。
音楽の面でも、技術の面でも、第1番からさらにずっと凝縮されている。

最初楽譜を開いた時は正直、
「これは演奏不可能では…」
と思った。
人の指の機能と構造なんて、まるで無視している。
レパートリーに持つ人が少ないのには、
やはり相応の理由がありそうだ。

でもものは試しで、思い切って喰らいついてみるもの。

ここ数日で、ようやく完成形が視野に入ってきた。

ブラームスの協奏曲両方をレパートリーにするのが長年の夢。
生涯のなかで、絶対に一度は挑戦したいと思っていた。
その実現がようやく現実味を帯びつつある。

念願に手が届きそうだと思った瞬間って、最高に心が震える。
[PR]

# by daiszke | 2011-01-14 15:18 | 音楽  

謹賀新年

年末年始は日本でのんびり過ごしている。

ヨーロッパに渡ってからも、ほぼ欠かさず帰っている。
年末はやっぱ日本だなって。
こういう時、自分の文化的・宗教的なバックグラウンドを感じる。

ダイエットで減らしてきた体重が、年末年始でちょこっとリバウンド^^;
ドイツでリセットしないと。

皆さんにとって、素晴らしい一年になりますように。
今年もよろしく。
[PR]

# by daiszke | 2011-01-03 15:30  

ニュルンベルグのクリスマス市

演奏旅行ついでに、クリスマス市を訪れた。
ニュルンベルグは3度目だけど、この時期に来るのは初めて。
クリスマス市で有名な街でもある。
f0057419_19434613.jpg

旧市街のエントランス。

f0057419_19461134.jpg

寒いし雪も降ってるけど、とても賑わっている。
クリスマス市とは、厳寒の中でも人を戸外に連れ出す、
寒い地方ならではの知恵だろうか?
そういう観点から、経済効果は高そう。

f0057419_19493623.jpg

ここが旧市街の中心の広場。

考えてみれば、カトリックの本拠地イタリアには、
クリスマス市という文化はないのだから、
おそらく宗教的意義はなく、どちらかと言えば生活的、経済的意義が強そうだ。
何よりイタリアは冬でも(ドイツやオーストリアに比べて)そんなに寒くないから、
市がなくても人出は多い。

f0057419_1956194.jpg

ハンガリーにもクリスマス市は出る。あの国も寒いから。

さて余談。
このニュルンベルグは、かつて独裁者に愛されたことでも有名。
f0057419_19582113.jpg

その彼の定宿だったのが、今でも経営しているHotel Deutscher Keiser(ドイツ皇帝)。

最後に、街で見かけた馬車。御者がホットワインをひっかけるために立ち止まったところをパチリ。
f0057419_2022175.jpg

うーん、ラオウが乗ってそうな馬だ…
[PR]

# by daiszke | 2010-12-14 20:21 | ヨーロッパの国々  

ドイツ演奏旅行

今年、2010年はショパン生誕200年。
在籍している学校でも、ショパンに関するプロジェクトが行われている。
即興曲、スケルツォ、バラード、マズルカ、
それぞれ4曲を各地で弾いて回るというもの。
ワイマールやニュルンベルグなどで開催。
クラスのメンバーが各自1曲ずつの担当で、
サッカーチームのようにバスで回る。
なかなか楽しい。

自分の担当はスケルツォ第2番。
11月一杯、終了まで気が抜けない。
[PR]

# by daiszke | 2010-11-27 06:05 | 演奏会!  

演奏家の仕事は旅から


演奏家というのは移動の多い職業。
自宅から出て決まった場所へいく、というのはほとんどない。
定刻に遅れないよう動くというのも、重要な要素のひとつ。
大陸をまたぐとなれば、なおさら。

f0057419_1353303.jpg

舞台衣装片手にドイツの新幹線ICEで、フランクフルトまで1時間半。
国際空港に直に乗り入れている。

f0057419_1356309.jpg

ドイツ各地をつなぐ長距離列車が頻繁に発着する。
出発便は夜なので、自宅を夕方にでれば十分間に合う。
この日の電車は混んでいた。

f0057419_13592090.jpg

時間が余ったらラウンジでひと息。
ネットが使えるのが、自分にとっては大きな利点。
空港でスポットを探し廻る必要も無く、資金、時間、体力も節約。
演奏会の打ち合わせは全てオンラインでしていたので、
出発直前のチェックまで活躍してくれた。

ネットの力はすごい。
少し前まで、世界はこんなにコンパクトではなかった。
産業革命に次ぐ、情報革命といったところだ。

f0057419_149580.jpg

そして定刻どおりに搭乗開始。

f0057419_1413509.jpg

CAさんにコートを預けたら、早速新聞を持ってきてもらう。

f0057419_14162618.jpg

飛行機、というか移動する物に乗ると、
書類をいじったり、活字を追い回す癖があるけど、
今回は移動中は身体を休める、と決めていたのでゆっくり過ごす。
時差ボケは仕方ないけど、せめて身体のコンディションだけでも
良い状態で仕事に到着したかったからだ。

f0057419_14295962.jpg

日本の航空会社は、やっぱり和食♪
といっても洋食も良さそうだったので、
相当迷った挙句の選択だけど^^;
こちら小鉢8品。

f0057419_14201929.jpg

そしてメインの牛角煮。

ワインは自宅周辺、フランケン地方が産地のものだった。
瓶に特徴があり、一目で分かる。
見せてもらうと、はっきりヴュルツブルグと書いてある。
気を利かせてくれたCAさん、後でラベルをくれた。
ちなみに空いたワイングラスを見つけると、すぐに注がれてしまうので、
ペースはそこそこにしないといけません(笑

f0057419_1425889.jpg

食後は遊ばず、さっとベッドを倒して寝たので、
フィンランド上空あたりから日本海まで記憶が無い(笑
疲労もせず、ゆったりと飛べたフライトだったけど、
時差ボケだけはしっかり来た(笑
[PR]

# by daiszke | 2010-11-12 14:52 |  

フリークエントフライヤー

天気の良い日が続くヴュルツブルグ。
紅葉も美しく、一時期の冷え込みも緩んで気持ちの良い日が続いている。

11月には仕事のため、また日本へのフライト。
フランクフルトまで、ドイツの新幹線ICEで1時間半、
ここから成田まで直行便が飛ぶ。

f0057419_22335565.jpg



頻繁な移動が続いていたことで、
いつも使ってる航空会社からエリートステイタスを貰ったくらい。
なかなか便利だ。

さて、そろそろパッキングをはじめるか。
[PR]

# by daiszke | 2010-10-30 22:39  

演奏会のお知らせ 広島


~文化の祭典~

2010年11月6日(土) 16:30開場 17:00開演
行者山太光寺 和氣殿ホール

ベートーヴェン:ソナタ"田園" 
ショパン:スケルツォ第2番
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ワーク:大きな古時計  など

詳しくはこちら


f0057419_1535296.gif
















皆様のご来場お待ちしております。
[PR]

# by daiszke | 2010-10-20 15:46 | 演奏会!