カテゴリ:演奏会!( 29 )

 

ソロリサイタル

ちょっと遅くなったけど、みなさんにリサイタルの報告。
9月26日、山口県教育会館で弾いてきた。
久し振りの故郷、そして山口市では初めての本格的リサイタル。
会館は県庁の目の前で、会場入りするとき庁舎を横目に見ながら、
「去年はここで奨励賞授賞式だったなぁ、知事さん元気かな~」
と一瞬記憶がよぎる。

この26日のために、着々と準備してきた。
…と言ってもどんな演奏会でも、崖っぷちのつもりで
用意するから、やることは一緒なんだけど。


そして、演奏の数日前にはビッグサプライズも!
当日はホール備えつきの楽器ではなく、
スタインウェイのフルコンサートピアノが持ち込まれるという!
わざわざ僕のために、いろんな人が動いてくれたと聞いた。
ただ感激してしまって、感謝の言葉も出ない。
そしてゲネプロで対面したのは、非常にパワーあるD型。
オーケストラとも対抗できる程のポテンシャルを持っている。
ドイツで普段から弾いてるのと、まったく変わらない。


ホールは全512席の、室内楽規模の大きさ。
チケットは完売していたので、びっしり満席!
補助席まで出ていた。
たくさんの方に来ていただき、感謝。

ちなみにこの演奏会の1週間前には
「FMきらら」の方に生出演させてもらい、
そこでも宣伝させていただいた。
実はラジオの生放送ははじめて。
貴重な経験をさせてもらった。


演奏とは、いつになっても緊張するものだ。
プロになってもそれは変わらない。
何故なら、準備に万全を期すことと、
試合に勝てるかどうかは、別問題だからだ。

独奏とは孤独な仕事でもある。
練習による準備から、舞台の上まで、
全ては一人の戦いだ。
でも、自分に克てた時には、
素晴らしい景色が目の前に広がる。
この情景を、お客さんと分かち合い、喜ぶことが
舞台の醍醐味の一つとも言える。

この日の演奏会のプログラムは
前半が玄人向け、後半が少しポピュラーなもので組んだ。
演奏内容は大変好評だったようだ。
アンコールは2つ。
ベートーヴェンのバガテルOp.119-3と、
スカルラッティのソナタ。


終演後は、打ち上げを兼ねた懇親会で、
楽しく過ごさせていただいた。
この翌日には、演奏会に来てくれた
高校同期生と飲みにいくのだが、
それはまた次のテーマにしよう。

来場してくれた皆さん、ありがとう。
[PR]

by daiszke | 2010-10-02 16:52 | 演奏会!  

チケット完売のお知らせ

9月26日(日)山口市でのリサイタルのチケットは、完売したようです。
皆様、ありがとうございました。

その前に…21日もちょっと広島で弾いてきます。
[PR]

by daiszke | 2010-09-19 16:41 | 演奏会!  

リサイタル

ソロリサイタルのお知らせです。


尾形大介 ピアノリサイタル

9月26日(日) 山口県教育会館ホール
開場14:30 開演15:00

プログラム

ベートーヴェン : ソナタ Op.28 "田園"
バルトーク : 戸外にて
ショパン : スケルツォ第2番 Op.31
リスト : オーベルマンの谷
ドホナーニ : 狂詩曲Op.11-3
リスト : ハンガリー狂詩曲 第2番


一般 ¥1.500  高校生以下 ¥1.000
お問い合わせ : 渡木クリニック 0836-22‐0303


主催 : 武蔵野音楽大学同窓会山口県支部
後援 : 山口県教育委員会 山口市教育委員会

f0057419_1642365.jpg

[PR]

by daiszke | 2010-09-13 16:52 | 演奏会!  

ディプロマコンサート

いよいよ修了演奏会。
ハンガリーでの勉強の集大成で、節目にあたる演奏会。
この日に向けて、一年間着々と準備してきた。
自分個人にとってだけでなく、ハンガリー社会においても
特別な意味をもつディプロマコンサート。
是非、成功させたいという思いで勉強してきた。

夕方の開演に向けて午前中は演奏各箇所のチェック、
14時からGPに入った。
これが予想以上に早く時間が飛んでいく。
いろんな準備に気を回さなければいけないからだろうか。
師匠のJ先生も、前日のオケとのリハから当日GPまで立ち会ってくれた。

そしてあっという間に開演。
f0057419_20565290.jpg

プログラムの先頭にベートーヴェンの田園を置いたのは、
リラックスした状態から始めたいというコンセプトから。

f0057419_2058370.jpg

演奏のペースを掴んだ後には、対照的なバルトークのソナタ。
原始的で野性的なリズムとからまったハンガリー民族音楽。
大好きなソナタだ。

そして前半終了。緊張に耐えて自分を統制するのにはかなりの体力が必要で、
予想以上に消耗してしまった。
そこに友人バラージュの嬉しい差し入れ♪レッドブルとチョコでチャージ!!

f0057419_2154334.jpg


そして休憩後はメインのブラームスの協奏曲第1番。
MAV交響楽団、指揮者コラール・イムレとの共演。
始まった時は最後まで身体が持つかな~~^^;
と思っていたが、チャージのお陰で徐々に加速、
2,3楽章と先へ行くほどのってきた。
(でも最後はちょっとテンポ飛ばしすぎたかも!)

f0057419_2113011.jpg

そして終演!
沢山の拍手とブラボーを頂き、お客さんには本当に感謝。

楽屋にも沢山友人が駆けつけてくれた。
全ての人に挨拶したかったが、なかなか長蛇の列、
そこへJ先生がやってきて
「審査の結果と講評が出るから」
と会議室に無理やり連れてかれる…
そういえば、この演奏会も試験の一つなんだった(汗)
挨拶できなかった方々、すみません…

部屋に行くとピアノ科の先生5人がいて、
審査結果を聞いて、いろいろと講評をいただく。
好評だったようだ。
J先生、R先生には、ハンガリーに来て以来初めて、
手放しで褒められた。

そしてまたバタバタと楽屋に戻る。
審査の間、ずっと待っていてくれてた友人達に、引き続き挨拶。
わざわざ聴きに来てくれた方々、お祝いを持ってきてくれた方々、
改めてありがとう。



そして最後に、終演後のエピソードを一つ。
打ち上げのパーティでの出来事。
長年の友人たちに囲まれる中、J先生も参加してくれて一緒に乾杯したのだが…

先生「今日はとてもいい演奏だった。無事に卒業もしたし、僕たちはもう同僚だ。
    これからは敬語なしで呼びかけ合おう」
つまり、敬称の3人称ではなく、親称の2人称で話そう、と。
これはハンガリーではとても大きな出来事。
非常に近い関係になったことを意味する。

先生「じゃあ、そのお祝いも兼ねて乾杯しよう。Szervusz!」
いろんなことに感動したディプロマコンサートだった。
最高の形で修了できたことを、友人、家族、先生方に感謝。
[PR]

by daiszke | 2010-05-20 21:49 | 演奏会!  

ディプロマコンサート

ブダペストのリスト音楽院での修了演奏会のお知らせです。

2010年5月14日(金)
リスト音楽院 大ホール 16時開演
Budapest Liszt Ferenc ter 8.

~プログラム~
ベートーヴェン : ソナタ ニ長調 Op.28
バルトーク : ソナタ
ブラームス : ピアノ協奏曲第1番 Op.15
 (MAV交響楽団 イムレ・コラール指揮)

f0057419_1303778.jpg


よろしければ、皆様どうぞ足をお運び下さい。
[PR]

by daiszke | 2010-04-02 15:13 | 演奏会!  

シュトゥットガルトにて演奏

またまた直前ですが、演奏のお知らせ。
シュトゥットガルト郊外にてピアノリサイタルです。

2010年2月28日
18:00開演

‐プログラム‐

スカルラッティ:3つのソナタ
ベートーヴェン:ソナタOp.28 「田園」
リスト:オーベルマンの谷
バルトーク:戸外にて

詳細はこちら

会場・お問い合わせ

Gemeinde Kernen i. R.
- Kulturbeauftragte -
Stettener Straße 12
71394 Kernen im Remstal
Fon: 07151/4014-147
Fax: 07151/4014-125
[PR]

by daiszke | 2010-02-25 22:34 | 演奏会!  

演奏のお知らせ

直前ですが、演奏会に出演するので、お知らせです。
会場はドイツ・バイロイト。
3人のピアニストによるサロンコンサートに、
ベートーヴェンのソナタ作品28 "田園"で出演します。

詳細はこちら。

"若いピアノマイスター"
シュタイングレーバー・ハウス
2010年1月28日 19:30

Rokokosaal im Steingraeber Haus
Friedrichstraße 2
95444 - Bayreuth
Telefon: 0921-64049
Fax: 0921-58272
steingraeber@steingraeber.de
www.steingraeber.de
[PR]

by daiszke | 2010-01-26 19:59 | 演奏会!  

演奏のお知らせ

今度の11月7日~8日の2日間、
リスト音楽大学のいろんな場所や教室で演奏が催されます。
校舎建て替えに伴う、本校舎閉館記念コンサートです。
これに出演させていただきます。


11月8日(日) リスト音楽大学 23番教室
(Budapest. Liszt Ferenc ter.8)

13時より

ブラームス:ピアノ協奏曲 ニ短調 作品15 第1楽章

セカンドピアノ:安田恵子



お時間、興味のある方、是非足をお運びください。
[PR]

by daiszke | 2009-10-29 17:51 | 演奏会!  

ソロコンサート

地元の山口でソロの演奏会をさせてもらった。
こうやっていつも呼んでもらえるのは嬉しいこと♪

サロンは200人強の収容で、
ピアノはよく手入れされていて状態が良い。
表情がつけ易く、深い音もでる。
リハーサルの時から、楽しく弾けそうな予感♪

お客さんはいっぱいで、満席状態。
いろんな方が足を運んでくれて、嬉しいこと。

そして開演。
前半はベートーヴェン。
6つの変奏曲Op.34とソナタOp.10-3。
最初の変奏曲が気持ちよく弾けたことでこの日のペースを掴めた。

2曲目のソナタは、第1楽章が少し硬かった気がするけど、
まだ日の浅い曲なのでこれからもっと熟成させたい。
実は本格的な本番は、これが初めてでした♪

ところで、Op.10-3の後には、有名な「悲愴」が書かれてるけど、
自分としては10-3の方が、芸術的に優れている気がする。
ベートーヴェンらしい音楽のエッセンスがあますところなく
盛り込まれていると思うのだ。
あくまで個人的な見解だけどね♪

さて、休憩を挟んで後半。
バルトークのソナタとガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー。
前半は神経を研ぎ澄ます選曲だったので、
実はちょっと疲れていて、
最後までもつかな~と密かに思っていた(笑

しかし、さすがに数回本番を踏んできた曲は、運びも楽^^
バルトークは全く緊張せず。
ハンガリーものはやっぱり良い♪

そして最後にガーシュウィン。
この曲は完全にジャズです。
最初から最後までひたすら遊びました♪♪
後半に、自由の幅が大きい曲があるのは良い。

アンコールにはベートーヴェンのバガテルを弾いて、さらっとシメ。
終演後、サロンはカフェに早代わり。コーヒーとケーキタイム。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。


演奏会というのは、いろいろな人の力で成り立っている。
発起人をはじめ、実行委員の方々、手伝ってくれるスタッフ・・・
そして聴きに来てくれる人たち。
何人という人の手と労力がかかって、初めて実現するのだ。
演奏家は、一人では何もできないF1レーサーのようなものだ。
本番に用意されるマシンに、最高の状態でのれるよう、
日々努力する以外のことはできない。
今回、自分を呼んでくれる方々に会って、
改めてそういう気持ちを強くした。
今後も、いろんな人の期待や思いに応えるべく、
努力を積み重ねていきたい。


・・・と、いつもよりちょっとマジメに書いてみた(笑

さて、今日はようやく久々の休日。
ブラームスのコンチェルトを勉強する合間に、
とんこつラーメンでも食べてこよっと♪♪
[PR]

by daiszke | 2008-12-28 13:16 | 演奏会!  

弾いてきました

さくっと、ラプソディー・イン・ブルー。
最も一般的なものはコンチェルトスタイルにされてるけど、
しょっちゅうピアノカデンツが出てくるようで、面白い。
クラシックのスタイルで記譜されているけど、エッセンスはジャズ。
気持ちよく、楽しんで弾けた。

動画を近々、ホームページの方にアップします♪
今度はビッグバンドが、フルオケと一緒にやりたいな~。


演奏会後は、友達からお祝いにワインを頂いた。こちらはスペインワイン。
f0057419_19442155.jpg


そしてもうひとつ・・・
f0057419_19452495.jpg

なんと名前が「ラプソディー・イン・レッド」!!
素晴らしいチョイス。

演奏会に足を運んでくださったみなさん、
そして気を遣ってお祝いをわざわざ持ってきてくれた友達に、
この場をかりて感謝いたします♪
みなさん、ありがとう♪♪
[PR]

by daiszke | 2008-06-08 19:59 | 演奏会!