カテゴリ:アネクドート( 6 )

 

Mahlzeit

「猫は好き?」
と、モーリツが新しい友人ジャンゴに聞いた。

「ブロッコリー以外はなんでも食うぜ!」
とジャンゴ。
[PR]

by daiszke | 2008-02-25 21:48 | アネクドート  

神託

アメリカ合衆国のブッシュ、ロシア連邦のプーチン、
そしてハンガリー共和国首相ジュルチャーニが、
地球の未来について預言をもらいに、神様を訪れた。
そこで3人は神様から、
「温暖化の影響で、半年後に地球は水没する」と告げられる。

さて、神のもとから母国に帰った首相たちは、
それぞれの国民に神託をアナウンスした。


ブッシュの場合:

「我々には、良いニュースと悪いニュースが1つずつある。
良いニュースは、これまで信じてきた通り、神様が実在したこと。
悪いニュースは、半年後に地球は水没してしまうことだ。」


プーチンの場合:

「我々には2つの悪いニュースがある。
1つは、これまで神はいないと信じてきたのに、ヤツは実在した!
もう1つは、半年後にウォッカが飲めなくなってしまうことだ。」


ジュルチャーニの場合:

「我々には2つの良いニュースがある。
1つは、これまで神様はいないと嘘をついてきたけど、本当は存在した!
もう1つは、どうやってもオルバーン(野党第一党総裁)は首相になれないよ!」
[PR]

by daiszke | 2007-11-02 02:57 | アネクドート  

東側の首脳会談

時は東西冷戦下。
東ヨーロッパがまだ共産圏というシステムで動いていた時代。
ソ連の書記長とチェコスロバキアの書記長が対談している。


チェコスロバキアの書記長が言う。

「実は今、我が国では海軍省を作ろうという動きが活発になっております。
そこで書記長、ソ連の方でも是非これを承認していただきたいのですが。」


するとソ連書記長。いぶかしげな表情で、

「海軍省と言ったって、君のところは海軍などないし・・・
そもそも海がないではないか!」


困った顔をしたチェコスロバキアの書記長が言う。

「いや、私もそう思うのですが、我が国のインテリどもが、
ソ連に文化省があるんだから、チェコにも海軍省が作れる筈だ、
と言って聞かないのです。」
[PR]

by daiszke | 2007-01-15 11:02 | アネクドート  

ブラジル気質?

あるブラジル人が日本人に尋ねた。

「君たち日本人はとても長生きだよね。
それに比べたら僕たちブラジル人は、ちょっと短命だ。
どうすればあんなに長生きできるんだい?」

「そうだな。まず肉はあまり食べ過ぎないようにして、
コーヒーみたいに身体に刺激の強いものも控えて…」

するとブラジル人。
「…肉とコーヒーがやれないんじゃ、死んだ方がマシだ。ありがとう。」


実はこれ、友人の友人がブラジル人の友達と
実際にやりとりした実話らしい。
双方、国民性が出ていて、面白いですね。
[PR]

by daiszke | 2006-05-10 18:26 | アネクドート  

タイタニック号

大西洋上で、沈没が不可避となってしまったタイタニック号。
急いで乗客を救命ボートで脱出させなければならないのだが、
どう見ても全員を乗せるには数が足りない。

そこで混乱を避けるための苦肉の策として、
男性乗客には、あえて海に飛び込んでもらわなければならない。
クルーが客室を回り、男性一人一人に声をかける。
彼らは、男性諸氏にどのように呼びかけたのだろうか?


1.乗客がイギリス人だった場合

 「紳士の方々には、勇気をもって海に飛び込んでいただくよう、
  お願いしております」


2.アメリカ人だった場合

 「今すぐ海に飛び込めば、ヒーローになれます!」


3.ドイツ人だった場合

 「そういう規則になっております」


4.ロシア人だった場合

 「海にウォッカが流れていくぞぉ~!」


5.日本人だった場合

 「皆様そうされています」




…この小話の出どころ、日本人だと思うのは僕だけでしょうか?
[PR]

by daiszke | 2006-04-01 09:00 | アネクドート  

アネクドート

ハンガリー人は、アネクドート好きだ。
この「アネクドート」とは、小話のようなもので、
大抵は、冗談や社会批判などの風刺を含んでいる。
またハンガリーだけでなく、各国にそれぞれのアネクドートがある。

そんなアネクドートで、最近聞いたものの一つを紹介。


  ‐世界で最も薄い本が、全部で4つある。それはなんだ?‐


正解は、

1.アメリカの文化と歴史について

2.イギリス料理について

3.ドイツ人の感情について

4.ロシアのデモクラシー



・・・みんな、よく考えるなぁ (^^;
[PR]

by daiszke | 2006-03-03 03:18 | アネクドート