カテゴリ:日々のひとりごと( 51 )

 

本格始動

10月に入って本格的にシーズンスタート。
履修する科目も決まり、一週間のプログラムが固定。
日曜以外は、毎日1つか2つ(多い日は3つ)講義に出ることになった。

ハンガリーの歴史、民族音楽など、内容は充実している。
マーラー講座というのもあり、一人の作曲家に焦点を絞った講義もあって面白い。
どの授業も先生から目(耳?)が離せない。
そう言えば、コーラスもある。10年ぶりにバスパートなんて歌っちゃった。
和音や多声ばかり扱わず、たまには単旋律もいいよね~。

特に充実しているのは室内楽♪
現在ブラームスのヴァイオリンソナタ1番をやっていて、
パートナー、先生ともに素晴らしい。
先生はハンガリーでもすごく人気があり、
なかなか生徒に採ってもらえないことで有名なのだが、
今年から定期的に通えることになった。
いい機会に恵まれた。2年間で目いっぱい吸収したい。
ブラームスもこの1年で3曲ともやりたいな。

先週は早速その先生のところで、レッスンが予定以上に長引いて、
気がつけばピアノ独奏のレッスン時間を30分もオーバー!
・・・飛んで行くと、ピアノの先生は帰った後(T_T)
電話で謝罪(汗

授業以外の時間は全部、次のレッスンや講義のための準備に使われる。
時間は常に無いけど、毎日内容が濃い。
今日もはりきって勉強しよう♪
[PR]

by daiszke | 2008-10-08 17:35 | 日々のひとりごと  

シーズン・イン

そろそろ新しいシーズンが始まる。
数えてみると、もうヨーロッパで6年目を迎えている。

今回からマスター課程。
専攻ピアノ以外にも授業多数。
室内楽は2つくらいになりそうだ。
1つはヴァイオリンのパートナーと組むことが決まっていて、
ブラームスのソナタから始めることに決定。
もう一つの方は、編成次第。出来ればトリオ以上でやりたい。

専攻ピアノは当然プログラムが山積み。
やりたいこと、挑戦したいことも多いしね。
中でも、ある巨大なコンチェルト2つをやりたい野心もある。
勉強にたくさん時間をさける今が、一番のさらい時。
仕事を始めてしまう前に、レパートリーにしておきたい。

さて、それでは今年も頑張っていこう♪
[PR]

by daiszke | 2008-09-21 01:11 | 日々のひとりごと  

Unterwegs

移動中、が多いこの頃。
本を読む機会も自然と増える。

最近読んでるのは、バレンボイムの自叙伝。
この人でもこう思うのか、というくだりや、
こんな幼いころから熟成した考え方してたのか!というところもあって、
面白いだけでなく、いろんなことを改めて考えさせられる。
ドイツ語なので、ちょ~と進行は遅いが、
どこに行くにも持っていっては、そこで読んでいる。

もう一つは、ヴァイオリンのメソードでも有名な、スズキ先生の本。
教育法そのものより、先生ご本人のメンタリティー、
スピリットに触れるのが、とっても心地よい。
自叙伝的な項も興味深い。

あらためて、世界中というか、この世にはすごい人がいっぱいいるな、と思う。
そういうものに触れ続け、すこしでも偉大さに触れるためにも、
毎日の勉強や修練は欠かしたくない、と思う。
[PR]

by daiszke | 2008-06-17 18:54 | 日々のひとりごと  

ヨーロッパ選手権開幕

待ちに待ったヨーロッパ選手権。
2年前のワールドカップ同様、
またテレビから目が離せない楽しいシーズンがやってきました。

オープニングマッチのチェコ対スイスはばっちり観戦♪
そして相変わらず言いたい放題のハンガリーの解説^_^;
思わず噴出してしまうコメント連発。

この日は、あまりできのよくなかったチェコが、格好の餌食。

「チェコはもっといいものを期待していたのに、遥かに弱いですね。
逆にスイスは、パッとしないものと思ってたのに、遥かに良いできですね~。」

「スイスはかなりダイナミックに動いて、面白い。
チェコは膨大な量のミスをするばかりですね。」

まあ、古豪も最近衰え気味らしいと聞いたけど、その通りの試合内容。
でも、先制点はチェコ。

「おっと、大したサッカーもしてないくせに、チェコが先制~~。」

…笑っちゃうって。まあ、的を得ているから面白いんだとは思うけど^_^;

確かにチェコがボールを持つと眠くなったのは事実。
終始プレーはお約束で退屈なものばかりだったけど、
お約束な所でお約束通りに点をとっちゃうところは、
やっぱり伝統というか、熟練というか、古豪と呼ばれるには
それなりに理由があるよなぁ、と思う。
はずして良い場所と、はずしちゃいけない場所が、皮膚感覚で分かってる、みたいな。

結局、1-0でチェコがそのままオープニグマッチを制した。
でも内容は圧倒的にスイスの方がよかったと思うし、今回のチェコには何も期待出来なそう。

スイスはかなり良い仕上がりできてるな、という感じ。
開催国だし、気合入ってる。
パスはよく繋がるし、展開は面白くてダイナミックだし、ちょっと注目。
でも、最後の瞬間に決められないのが、どことなく日本代表を連想させる^_^;
ま、ゴール前でパスコースを探すフォワードはいないから、
スイスの方が遥かに良いんだとは思うけど。

今年はスイス応援しながら見てみようかな♪
[PR]

by daiszke | 2008-06-08 21:07 | 日々のひとりごと  

語学試験

4月に受けていたドイツ語語学試験の詳細結果がやっとでた。
「Zertifikat Deutsch(B1)」に"Sehr gut"で合格!5段階評価中、5。
次の目標は中級の上、B2。

さらにがんばるぞぉ。
[PR]

by daiszke | 2008-05-09 00:18 | 日々のひとりごと  

通訳

公開レッスンで、公式通訳に呼ばれる機会があった。

個人レッスンで偶然、英語やハンガリー語を訳したことはあったけど、
公式通訳として呼ばれるのは、初体験!
最初は、大勢を前にして、ちゃんと喋れるかな~というかすかな不安があった。

でも、これがなかなか素晴らしい体験だった!
ハンガリーでもとても素晴らしい先生のレッスンに配置され、
通訳しながら自分も学べて、仕事中に無駄な時間が一秒もない!

先生は、シンプルかつ核心をついたコメントばかり。

通訳の役割は言葉をただ変換するだけじゃないと思う。
先生が学生の演奏を聴いて、何を思い、どこをどう訂正しようとするか、
その理由はなぜか、つまり思想まで読み取って伝えなきゃいけない。

今回は、先生が言葉を発する前に、何を感じて考えてるか大抵分かったので、
その先の発言にも大体予想がついた。
音楽、ハンガリー語共にしっかりやっておいて良かった。
今までに学んだことが、一つも無駄でないことを確認できた。
次はドイツ語も同じようなレベルにしたいな~。
[PR]

by daiszke | 2007-10-12 20:29 | 日々のひとりごと  

奇妙な会話

ブダペストに住んで、はや4年。
街の勝手を知り、言葉にも不自由しなくなってきたと感じるこの頃。
最近、いろんなハンガリー人からされる質問がある。

「ダイスケは、外国には勉強しに行かないの?」

例えば、ドイツとか、オーストリアとか・・・という話しなんだけど、
よくよく考えると、かなり変。

だって、日本から来ているんだから、
ハンガリーが既に外国だ!


日本人として認識されてないらしい。
[PR]

by daiszke | 2007-08-05 18:02 | 日々のひとりごと  

今日の一言

ハンガリー留学当初から、何人もの音楽家から異口同音に聞いいてきた言葉。

「上手いだけの演奏は、下手な演奏にも劣る」

テクニカルに正確なだけの演奏には二束三文の価値もない、
という意味が込められている。
楽譜の表面だけ正確になぞっても、後には何の印象も残らない。
それよりはヒドイ演奏を聴いたほうが、印象に残るだけ、
芸術としてはまだマシである、というもの。

もちろん、魂のある音楽と正確なテクニックが両立するのがベストなことは言うまでもないけど。
[PR]

by daiszke | 2007-07-08 20:02 | 日々のひとりごと  

暑い

2週間ほど留守にしたブダペスト。
帰ってきてみると・・・

暑い!

夜に到着したので気づかなかったが、
次の日外を見ると、あらゆる木々と植物が鮮やかな緑に。

2週間でこの変わり様。
この前まで殺風景な枯れ木だったのに。

こうなってくると、頭が夏休みモードになってくる。
やる気20%。
帰ってきたばかりなのに、またどこかに行きたくなる。
まだシーズン2ヶ月残ってるのに^^;
[PR]

by daiszke | 2007-04-18 13:03 | 日々のひとりごと  

またまた日本

またまた日本入り。室内楽のお仕事の為に帰国中。

今回はHelsinki経由、Finnairを使った。
北欧経由が一番早くて楽だとは聞いていたけど、
これがなかなか快適だった。
いつもはFrankfurt 、Romaなどを経由していたが、
実質的な飛行時間が1~2時間は違うと思う。
今回は乗り換えも1時間とスムーズだったし。
これからは、なるべくFinnairを使いたいところ。

そして日本では現在、桜が徐々に開花中。
4年ぶりに日本の桜を見ることが出来て、少し嬉しい。
しかし時差ボケを調整しながらの練習は、いつもながらちょっと厳しい。
まあ頑張るしかない。
[PR]

by daiszke | 2007-03-31 18:12 | 日々のひとりごと