カテゴリ:葉巻のひととき( 5 )

 

イングリッシュ・パブ

イングリッシュ・パブに行ってきた。
f0057419_9552367.jpg

店の名前は「John Bull」。
ブダペストの各地に店舗を持っている。
今まで知らなかったけど、その店舗の一つが、
家から歩いてすぐのところにあった。
f0057419_5534194.jpg
お店のカウンター。ビールの種類が豊富なのは、特に嬉しい。

f0057419_9581396.jpg
エルディンガーの黒を注文。初めて飲んだけど、素晴らしく美味しい!

しばらくハマりそうだ。
[PR]

by daiszke | 2006-12-15 10:05 | 葉巻のひととき  

葉巻

f0057419_9253359.jpg室内楽を組んでいるマルトンは、葉巻仲間でもある。
というか、お互い葉巻好きなのが最近分かった。

友人の演奏会を聴きに行った後、打ち上げも兼ねて近くのカフェに。
二人でちょっと失礼して、煙をぷかぷか。


葉巻も一緒にやる仲間がいると、グッと楽しみが広がる。
[PR]

by daiszke | 2006-03-29 09:28 | 葉巻のひととき  

シガーショップ

今日、葉巻を買った。

Kalvin ter の近く、
Rádai utca にある「Burnót」で、
Cohiba・SigloⅢを購入。
Montecristo も探してたけど、
こちらはあいにく品切れ。

このお店は、以前にシガーの本で見てから気になっていた。
店内は思ったよりもこじんまりとしていて、
品揃えも多いというわけではないが、
店員さんの知識は確かなものと思われた。

ブダペストでは、結構あちこちにタバッキがある。
次はどこに行ってみようかな~♪
[PR]

by daiszke | 2006-02-21 00:53 | 葉巻のひととき  

本日の一杯

グンデルの、『エグリ・メルロー』2003年。
上品な香りと、薄い色のわりにしっかりとした味わいの赤ワイン。

家ではよく赤ワインを飲む。
外で飲むときは生ビール。
ヨーロッパのお酒はシンプルだが、美味しい。


日本にいる時は、ショットバーによく通った。
今でも帰国した時には、馴染みの店には顔を出す。

今考えてみると、日本のショットバーの雰囲気は独特のもので、
他国のバーにはない良さがあるのではないだろうか。
落ち着いた雰囲気の中、静かに酒とジャズを楽しめる、
というのは、あまり日本以外の国では見かけたことがない。

アメリカのジャズバーは、
エキサイティングで面白いけど少々うるさかったし、
ヨーロッパのバーは、バーと言うより
クラブっぽい雰囲気のところが多く、
ジャズよりもむしろ、テクノの方が似合いそうな雰囲気の店が多い。

行く先々で、酒の楽しみ方も変わる。
[PR]

by daiszke | 2006-02-07 05:49 | 葉巻のひととき  

今日の一服

一昨日に引き続いて、昨日も演奏会だった。
熱情の第一楽章を弾いたが、結構好評だった。

演奏会から帰って、葉巻を一本吸った。
「Dannemann TUBES」という種類で、
最近ブダペストのタバッキで、どこでも買える。
種類は、ハバナ、ブラジル、コスタリカがある。
他にもあるかもしれない。
値段も手頃で、一本1000フォリント(600円程度)。
香りもなかなか良くて、演奏会の後など、
リラックスしたい時にはよく吸っている。
白ワインかウィスキーと一緒に
1時間近く煙をぷかぷかしている時間が最高に楽しい。
Jazzも欠かさず聴く。
[PR]

by daiszke | 2006-02-02 03:19 | 葉巻のひととき