正しい日本語

僕の先生は、時々日本語もしゃべる。

「ユビダケ、デハナクゥ」
「テクビヲツカッテ、クゥダサーイ」

なんて調子である。
言葉が出来ない留学生には連発している。
そしてその後には必ずこっちを見て、
(日本語、これであってるだろ??)
という得意げな表情で不敵な笑いを浮かべる。

確かに、あっている。


しかし。ある日のこと。

「ウ○コ!」

と、突然先生が言い出した。
何が言いたいのか、と最初は不審に思ったが、
聞いてみると何の事はない、

「クソ!」

と言いたかったらしい。
誰かが間違って教えたな・・・。

「そういう時はウ○コじゃなくて、クソ、て言うんだよ」

と、その場は訂正しておいた。


そして次回。レッスンに行ってみると。
今度は得意げに「クソ」を使っているのだが・・・

「ダイスケから教わったんだ!」
と、他の日本人留学生の前で得意満面。


・・・僕は訂正しただけですってば(ーー;
[PR]

by daiszke | 2007-02-02 17:57 | 日々のひとりごと  

<< 2つの演奏会 帰国 >>