2012年によせて

皆様におかれましては、
新年あけましておめでとうございます。
なが~く更新を怠ってしまい、お詫び申し上げます。

2011年は光と陰が目まぐるしく交差した年でした。
3月の東日本大震災にはじまり…
一個人としては、コンクールで成果が出たりと、
悪いニュースばかりではなかったと言いたいけど。

一番大きなことは、父が秋に急逝したこと。

人生の進むべき道を母が示してくれたとすれば、
そこを走る燃料をくれたのは父と言える。

母が死去した時、自分は12歳で、まだ中学生になったばかりだった。
父はその時から、仕事での成功を諦めて、家庭に専念することを選んだ。
自分はその背中をいつも見てきた。
だから、自分が音楽で成功することは父への最大の報いになり、
また、仕事で満たせなかった彼の自尊心を
取り戻すことにも繋がると信じてピアノを弾いた。

願った通りになった。
父はどこへでも付いて回って、いつも満足そうに僕の活動を見ていた。
新聞にもテレビにも一緒に出た。
演奏会には皆勤で、ところ構わずビデオを撮るので、時々困ったけど…。
もっともっと恩返しが出来ると思っていた。

自分にとって世界一大切な人だったと断言できる。

元気だと思っていたのに突然だったから、実感が湧かない。
いまだに受け入れられないけど、事実は事実。
いま自分に出来る唯一のことは、この道を全うすること。
それが父への最大の供養だと信じている。


さて!今年のリサイタルは、
7月に大阪、8月に山口、10月に東京。
2012年は、勝負の年。

皆様、今年も葉巻のひとときをよろしくお願いします。
[PR]

by daiszke | 2012-01-06 04:22  

<< ちょっとお洒落なカクテルコンサート ヨーロッパに >>