ソロコンサート

地元の山口でソロの演奏会をさせてもらった。
こうやっていつも呼んでもらえるのは嬉しいこと♪

サロンは200人強の収容で、
ピアノはよく手入れされていて状態が良い。
表情がつけ易く、深い音もでる。
リハーサルの時から、楽しく弾けそうな予感♪

お客さんはいっぱいで、満席状態。
いろんな方が足を運んでくれて、嬉しいこと。

そして開演。
前半はベートーヴェン。
6つの変奏曲Op.34とソナタOp.10-3。
最初の変奏曲が気持ちよく弾けたことでこの日のペースを掴めた。

2曲目のソナタは、第1楽章が少し硬かった気がするけど、
まだ日の浅い曲なのでこれからもっと熟成させたい。
実は本格的な本番は、これが初めてでした♪

ところで、Op.10-3の後には、有名な「悲愴」が書かれてるけど、
自分としては10-3の方が、芸術的に優れている気がする。
ベートーヴェンらしい音楽のエッセンスがあますところなく
盛り込まれていると思うのだ。
あくまで個人的な見解だけどね♪

さて、休憩を挟んで後半。
バルトークのソナタとガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー。
前半は神経を研ぎ澄ます選曲だったので、
実はちょっと疲れていて、
最後までもつかな~と密かに思っていた(笑

しかし、さすがに数回本番を踏んできた曲は、運びも楽^^
バルトークは全く緊張せず。
ハンガリーものはやっぱり良い♪

そして最後にガーシュウィン。
この曲は完全にジャズです。
最初から最後までひたすら遊びました♪♪
後半に、自由の幅が大きい曲があるのは良い。

アンコールにはベートーヴェンのバガテルを弾いて、さらっとシメ。
終演後、サロンはカフェに早代わり。コーヒーとケーキタイム。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。


演奏会というのは、いろいろな人の力で成り立っている。
発起人をはじめ、実行委員の方々、手伝ってくれるスタッフ・・・
そして聴きに来てくれる人たち。
何人という人の手と労力がかかって、初めて実現するのだ。
演奏家は、一人では何もできないF1レーサーのようなものだ。
本番に用意されるマシンに、最高の状態でのれるよう、
日々努力する以外のことはできない。
今回、自分を呼んでくれる方々に会って、
改めてそういう気持ちを強くした。
今後も、いろんな人の期待や思いに応えるべく、
努力を積み重ねていきたい。


・・・と、いつもよりちょっとマジメに書いてみた(笑

さて、今日はようやく久々の休日。
ブラームスのコンチェルトを勉強する合間に、
とんこつラーメンでも食べてこよっと♪♪
[PR]

by daiszke | 2008-12-28 13:16 | 演奏会!  

<< 新年 年末です。 >>